Event is FINISHED

【限定6名様】病院組織活性化事例を踏まえた「コミュニケーションの土壌に欠かせない”共感”の創り方」

TOYをTOOLに変えれば組織が変わる?!
Description
医療介護分野のリーダーや経営層で、
コミュニケーションを課題に挙げない方はいない時代です。

今、最も必要かつ重要なスキルである「共感」を生み出せば、
周囲が自然と動くような組織になっていくことをご存知ですか?

どうしてでしょうか?
なぜ共感が必要なのでしょう?

今回はレゴ®シリアスプレイ®メソッドを活用した
研修・ワークショップの事例を共有します。

特に、組織や法人の方向性を一致させる手法を、
当方が実際に現場で行っているのと
全く同じ方法で体験して頂きます。

さらに、山本伸が1年以上に渡り継続介入している
医療法人におけるナマの実例※を交えながら、

介護医療職のチームが目指すべき
「自発的に学び合う組織づくり」
について語り合いましょう。


※レゴ®ブロックを理念の可視化、安心と信頼を基にした対話促進、自己肯定感の高揚、チームビルディング、本音をあぶり出すためのツールとして活用しています


---
--

【こんな方に、特にオススメです】

・日中、頭がガチガチに疲れているので、ちょっとほぐしたい
・方向性を決められるカンファがしたい
・楽しい職場=自己実現できる組織にしたい
・タテ割の風土を解消するコミュニケーションスキルを学びたい
・ファシリテーターにどのように巻き込まれるのか体験したい
・何よりも楽しい研修を当院でも実施したい
・何かヒントになることが見つけられるのでは、という期待感
・コミュニケーションと共感というワードの大切さを日々感じているから


---
--

【カバーする内容】

>なぜ、共感が大切なのか?
>まずは安心、信頼を創ろう
>”描く”を超えて・・・おもちゃのブロックを研修”ツール”にする方法
>「太陽->北風アプローチ」とは?
>最初の1人目のフォロワーを熱くする方法
>真剣に遊ぶから「言える」「聞ける」「受け入れられる」
>1時間でモヤモヤがワクワクに変わる「ビジュアル・コーチング」とは?
>理事長の参謀=ファシリテーター型コンサルタントの役割
>モチベーションを一瞬で高める方法
>「共感する組織」の効果効能とは?


---
--

【こんな学び・気付きが得られます】

・”さぐりあい”ではなく”相手の気持ちを受け止める”姿勢で向き合おうと思った
・コミュニケーションは練習・訓練でレベルアップできる
・ポジティブから入る事が大事
・相手が嫌がる事をポジティブ・アプローチで考える
・真剣に遊ぶことの難しさ
・やる気の出るツールのヒント
・ポジティブフィーリングで接する
・共感はロジカルにつくれるもの
・人を動かす、変えるには、人の気持ちをつかんで真面目に動くこと
・楽しい、やるがいのある職場づくりができる
・人と話すことは結構難しいが、遊びのような学び、学びのような遊びで入口の扉をひらくことは、意外に容易である
・相手の立場に立つことが重要

(これまでにお話を聞いて頂いた方の声)

---


2015年8月13日(木)18:45-21:30
於 東京ヘルスケアビレッジ(東新宿)
定員 先着6名様
持ち物 良いチームに必要だと直感的に感じた最近の書籍を一冊
 あとは手ぶらでどうぞ
参加費 
・医療介護職、社会福祉法人・医療法人ご勤務の方 無料
・一般 10,800円(ブロックの貸出料 1,080円含む)

<プログラム>
18:30〜 開場

18:45〜 スタート:ウオームアップ

19:00〜 レゴ®シリアスプレイ®メソッド (LSP®)体験会 Part I
>TOY -> TOOLにする方法
>自分が知らない自分発見
>ポジティブ・フィードバックのチカラ

20:30〜 病院組織の活性化事例(話題提供)

21:00〜 良いチームとは?座談会
>LSP®体験会 Part II

21:20〜 振り返りとアンケート記入
21:30  終了

※皆さまの集中度により、終了時刻が10分〜15分ほど、伸びる可能性がございます。


【このページをご覧になった方のみへの、特別なご案内】

レゴ®シリアスプレイ®メソッド (LSP) を活用した研修・ワークショップを、あなたの施設でトライしませんか?

・本当におもちゃが、研修に使えるのか?
・どんな効果が得られるのか?
・実施後、どのようにフォローアップするのか?

これらについて、当方が1年以上取り組んでいる、同一病院・組織内での活用事例や職員、組織の経時的変化について、ざっくばらんに思う存分、意見交換が出来ます

もちろん、成功例のみならず失敗例も正直に(赤裸々に...汗)お話できますから、あなたの施設で、どのような効果・効能があるか本格導入前に、徹底的に検証できますし、ブロックは当方側で全て準備しますので、高額な購入費用負担もありません

プロのファシリテーターとして、延べ2,500名の介護・医療のプロをサポートしてきた山本伸は、現在も院内の諸問題に立ち向かい必要な研修をデザインしつつ、ワークショップのファシリテーターとして現場で実践を続けています

今すぐ、お申込み頂ける方のみへの特別なご提案です
-----------


レゴ®シリアスプレイ®メソッド (LSP) を活用した
ワークショップ体験会

日時:ご希望をすりあわせましょう
場所:御施設内 会議室・研修室等
定員:20名様まで
内容:レゴ®シリアスプレイ®メソッドを用いたワークショップの実際
>研修の狙いから、ワークショップ・デザインへ
>レゴ®シリアスプレイ®のデモンストレーション
>受講後の個人、組織の変化
>御施設における課題を基にした研修デザイン・プチコンサルテーション
>他業種、グローバルでの先進事例紹介

費用:100,000円(税別、日本全国一律料金)
※これにはレゴ®ブロック持込料、貸出料、会場までの当方側の交通費・宿泊費、その他この体験会に必要な特別な物品等、全てが含まれます
※日本全国、どこでも伺います

今すぐ、お申込みください
↓↓↓↓↓↓↓

http://bit.ly/1hkHsaQ



さて、本セミナーは今後、不定期ながら毎月開催します。
乞うご期待!


講師:山本 伸 Shin Yamamoto, Ph.D.

自発的に考え行動を促すファシリテーション介入による
組織開発コンサルタント

組織内の立場を完全フラット化し、たった2分で新規事業を生み出すためのビジュアル「共通言語」の専門家。個人が気づかないリソースを、創作と対話により再”発明”させることを得意とする。現在は医療法人グループの組織活性化に取り組みながら、組織内イノベーター人材を育成するプログラムを提供している。

 1972年静岡県生まれ。スイス・米国在住経験と外資系企業(3社)勤務15年において、多国籍な人材マネジメントを経験。コミュニケーションの失敗が続き、周囲の評価が最低で当方に暮れ、自棄になって描いたラクガキがメンバーに大好評。”ビジュアル言語”の可能性を追求するキッカケとなり、ホワイトボードに絵を描く会議ファシリテーションの型を確立。

 2014年7月、一般社団法人ビジネスモデル・イノベーション協会を設立、理事として参画。10年後の120%Happyな健康長寿社会のために、志高き介護医療職のためのイノベーションを支援している。2025年までに達成したいビジョンは、“失敗を恐れず「挑戦を続ける」ことが最も賞賛される社会の実現”。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-08-06 09:01:01
More updates
Thu Aug 13, 2015
7:15 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
BMIA/RFA/FM等 関係者割 ¥4,320
一般価格 ¥10,800
介護医療職・有資格者(無料)
医療法人勤務(無料)
Venue Address
東京都新宿区東新宿 Japan
Directions
東新宿駅より徒歩1分
Organizer
山本伸
225 Followers